NEWS新着情報

2020.11.13

冬本番!旬のアウターの種類をご紹介!

だんだん肌寒くなるこの季節・・・もうそろそろコートが欲しいという方も多いと思います!
皆さんはコートの種類は何種類くらいご存じでしょうか。


◆定番のコートの種類
・トレンチコート
・チェスターコート
・ノーカラーコート
・ステンカラーコート
・ダッフルコート
・ピーコート
・ダウンコート
・スタンドカラーコート
・ムートンコート
・ボアコート
・モッズコート

などなど、コートにはたくさんの種類がありますよね!
冬の必須アイテムですがコートは価格帯も高いため、1着買うのにかなり迷うことが多いと思います・・・!
そこで、今回は簡単に旬のコートとそれぞれの特徴をご紹介させて頂きます♪

◆通勤服の定番♪トレンチコート!
春や秋になると街中でも見ることが多いトレンチコート。初冬はニットなど厚手のトップスを着るため、アウターは薄めがいいという方にぴったり。最近では異素材をミックスしたデザインや丈など様々なデザインも増えてきました。全体的にキレイめスタイルに決めたい方にぴったりです。

◆チェスターコート
テーラードジャケットの丈を伸ばした形が特徴のチェスターコート。
かっちりした形なので通勤服やキレイめコーデにあわせてもあいますし、スニーカーやデニムなどカジュアルにもあわせられるので着回し力が高く近年人気のコートです。

◆ノーカラーコート
衿のないデザインが特徴のノーカーラーコート。
冬はタートルネックのニットや巻物で首元のおしゃれを楽しみたい方が多いですよね。そんな方にピッタリのコートです。カーディガンのように羽織っても可愛いのでコーディネートの幅が広くおしゃれを楽しめます♪

◆ダウンコート
とにかく暖かいコートが欲しい!という方は真っ先に浮かぶのがダウンコートではないでしょうか。
ナイロン素材生地をキルティング加工して中にダウンフェザーを詰め保温性に優れていて、とても軽いことが特徴で長年人気のアイテムです。ロング丈のイメージが強いですが、最近ではショート丈も人気ですね♪

◆ボアコート
もこもこ素材が特徴の見た目が可愛らしいコート。
カラーバリエーションも豊富で選ぶカラーによって雰囲気がぐっと変わります。
ゴージャスな印象を与えるコーディネートとしても使えます。今年はビッグサイズを選んでカジュアルにまとめるコーディネートも流行ってます♪

いかがでしたでしょうか。
プチプラショップで複数の形を揃えたり、憧れのブランドで長く使える一着を選んだり、今年はどんなアウターを買おうかと考えるのも楽しいですよね♪
今年はコロナ禍でなかなかオシャレを楽しむ機会も少なかったと思いますが、通勤にもプライベートにも着れる1着を見つけて是非気分を上げてみてください☆

2020.11.06

繁忙期を乗りきる!疲労回復の安眠方法をご紹介

12月から1月にかけて、クリスマスや冬のセールなどで繁忙期に入ります。

普段と比べ、来店するお客様も増え、当然接客に入る機会も増えるでしょう。
残業が発生することもあり、販売員にとっては疲労が溜まりやすい時期と言えます。

そこで今回は、疲労回復に重要な安眠方法をご紹介します。
しっかりと良質な睡眠をとって、繁忙期を乗り切りましょう!



アパレル販売員は身体が資本です。
基本的に立ち仕事なので体力も必要ですよね。

良質な睡眠が取れていないと、翌日なんとなく疲れが残ってしまい
充分に力が発揮できず、良い仕事が出来ないかもしれません。
特に脳は眠ることでしか休ませることが出来ないので、脳の疲労を軽減するためにも良い睡眠を心がけましょう。

人間に最適な睡眠時間は7~8時間だと言われています。
しかし沢山寝ても質の悪い睡眠では疲れは取れにくく
逆に短時間であっても、質の良い睡眠であればしっかり疲れを取ることも可能です。

では質の良い睡眠とはどういったものなのか、安眠するための具体的な方法をご紹介します。

■寝る3時間前には食事を済ませる
胃の中に食べ物があると、消化するために体が活発に活動してしまいます。
帰宅時間が遅い日など、早く食べるにも限界があるので、食事は可能な範囲で早めに済ませてしまいましょう。

■寝る前にスマホやテレビを見ない
スマホやテレビなどが発するブルーライトを浴びると、脳が昼だと勘違いしてしまい
ぐっすり眠るために必要な「メラトニン」の分泌を抑えてしまいます。
その結果、寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下してしまい、睡眠不足になると言われています。
寝る前にスマホを見てしまう気持ちは良く分かります、ですが安眠の為にぐっと我慢してみましょう。

■寝る1時間前には入浴を済ませる
人間の体は、一度温まってから体温が下がるときに眠たくなるようにできています。
逆算して寝る1時間前に入浴するようにすれば、眠りにつきやすくなるでしょう。

■寝る30分前から部屋の灯りを落とす
良質な睡眠をとるために必要な「メラトニン」は、暗いところで分泌されます。
寝る前は間接照明だけにするなど、灯りを絞り、体に眠る準備をさせましょう。

また人間は真っ暗だと本能的に不安を覚えたり、感覚が遮断され脳が過敏になるとも言われているので
間接照明などの薄明りがある環境の方が望ましいと言えます。



今回はしっかりと疲れを取るための睡眠についてご説明しました。
ご紹介した安眠方法を実践していただき、夜にしっかりと良質な睡眠が出来れば
翌日スッキリと起きて一日元気に活動できるでしょう!

またプロの販売員として、お客様に疲れた顔を見せないためにも
自身の健康のためにも、これを機に良い睡眠習慣を心がけてみてはいかがでしょうか。

2020.10.30

ファッションセンスの磨き方☆

アパレル業界で働く上で重要となるファッションセンス!!
自分のセンスを磨いておけば接客のバリエーションが広がり、スタイリング提案にも深みがでます。
今回は、その為にはなにを参考にしたらいいか、ファッションの勉強法を紹介していきます♪

①ファッション本
ファッションの成り立ちやモードの歴史を知っておくとおしゃれの向き合い方に奥行きが出ます。
目先のトレンドに振り回されず、先を見通す上でも現在では当たり前になった装いの系譜をつかんでおくことが重要です。
しかし、本格的なファッション史の本は取っつきにくいので、
まずは、写真の多いファッション展覧会の図録や、ファッション業界人が書いた体験的な本を手に取ってみましょう!
参考:「モード後の世界」 

接客シーンでショップスタッフは目の前のお客様に最適のアイテムを見立てるパーソナルスタイリストに近い立場となります。
同時に、好印象を与える着こなしを提案するイメージコンサルタントの役割です。
パーソナルスタイリストやイメージコンサルタントが書いた本は、
彼らのマインドやテクニックを知る上で教科書のような効果が期待できます。
参考:「ファッションセラピストが教えるおしゃれの秘密」 
   「服を味方にすれば仕事はうまくいく」 

ファッションに通じたプロのまなざしは気づきに繋がることが多く、そのまま接客にも活かしやすいものです。
モード誌のエディターやスタイリスト、デザイナーが書いた本は具体的なアドバイスや提案が魅力で、
丸ごと教科書として使えます!
参考:「ワンハンドレッド きれいな女性が持っているおしゃれアイテム100」 

②ファッション雑誌
販売されている多くの雑誌を一通り見るだけでも、トレンドやセンスの勉強になります。
一歩踏み込んで勉強したいのであれば、海外のファッション誌を見るのがおすすめ。
まだ日本で流行していないトレンドやアイテムを知ることができたり、海外ならではの着こなしを学べたりと収穫も多いでしょう。
参考:https://www.magazine-data.com/women-menu/foreign.html

③ファッション系アプリ
ここ数年でファッション系のアプリが多くリリースされています。
利用者が自分のコーディネートを投稿するなどリアルタイムの情報が多いこと、雑誌のように発売日がないのでいつでも閲覧できることが特徴です。
参考:WEAR 
   XZ(クローゼット) 

④SNS
ファッションアイコンと言われるモデルやセレブのSNSをチェックしたり、
特定のアイテムで検索してコーディネートを参考にしたりと、アプリ同様にリアルな情報が手に入ります。
また、有名人がSNSでオフタイムの投稿をするケースも多く、普段着や愛用ブランドなどを知るきっかけにもなるでしょう。

⑤最新映画やドラマ
国内外の最新映画やドラマでは、そのときの最新トレンドを衣装に採用するケースが見受けられます。
また、ドラマ発のトレンドアイテムが登場することもあるため、積極的にチェックするのがおすすめです。

上記以外にも、ウィンドウショッピングをして日常の中で、リアルトレンドをキャッチするのも良いでしょう♪


いかがでしたでしょうか。自分なりのセンスを磨くことは、決して苦ではなく楽みながら出来ることだと思います!
ただ、ショップスタッフとしてなによりも大切なのは、お客様が満足するコーディネートを提案すること。
どれだけトレンドに詳しくても、お客様のニーズに合っていなければ良い提案とは言えません。
お客様のなかには、「みんな着ている」「トレンドを取り入れている」という点を重視する人もいれば、
自分のセンスや好みを最優先に考える人もいます。
常にトレンドを把握してセンスを磨き続けることはアパレルで働く上で重要ですが、それ以上に「お客様の気持ちに沿った接客」が重要。
相手の気持ちやニーズを汲み取れているかを忘れないようにしましょう。
bnr