NEWS新着情報

2020.08.19

【接客の流れ】憧れのショップで働きたい!でも、接客って何すればいいの!?

一見、人とお話することが得意なら簡単そう!と思われている接客。


実際は、様々なテクニックや知識がものを言う、奥の深いお仕事なんです。


今回は店舗での接客のおおまかな流れと、テクニックについてご紹介していきます。


 


<接客の流れ>


【動的待機】


接客をしていないときの待機時間は、


商品を整える・品出し・棚の掃除など、作業をしているとお客様が入店しやすくなります。


わざとらしくない自然な表情やしぐさを意識し、


決して販売員同士でかたまって話しているなんてことのないようにしましょう。


 


【声出し】


お客様を呼び込む為に声を出し、活気を出して入店しやすくします。


何をどのように言うか工夫し、お客様との距離を考え声の大きさを調整しましょう。


カウンター内で下を向きながら「いらっしゃいませ」と言われても


お客様には歓迎感は伝わりませんよ!


 


【ファーストアプローチ】


お客様に声を掛けましょう。


第一印象を良くするとその後の会話がスムーズになります。


タイミングや位置、言葉選びを工夫すると「買わされるかも」という抵抗感をなくすことができます。


他人に入ってこられると不快になるパーソナルスペースを避け、


大股で一歩程度離れた場所から話しかけ、徐々に近づくようにしましょう。


 


【セカンドアプローチ】


最初のお声掛けから一定の時間を空けたら、再度話し掛けましょう。


什器一つ分離れ、お客様の行動を観察し、タイミングを見計らいます。


商品をとる度に話し掛けると不快に思うお客様もいるので、注意しましょう。


 


【ニーズ把握】


ニーズとはお客様の要望や悩みのこと。


自分から全て話してくれるわけではないので、引き出すための会話スキルや雰囲気作りが重要です。


一方的に質問するのではなく、共感を交えながら、答えやすいように工夫してみましょう。


お客様自身も気づいていないようなニーズ(潜在ニーズ)を引き出せると、


より一層満足度の高い提案が出来るようになります。


また、お客様の行動や身につけているものを把握し、


好きなテイストや口には出さないニーズも探ってみましょう。


 


【商品提案】


お客様のニーズに合わせて商品を選び、提案しましょう。


具体的なオススメの理由を伝えることで説得力を持たせることが出来ます。


「カワイイ、似合う」と抽象的な表現や、「私も持ってるんです、雑誌に載ったんです」では、何の説得力もありません。


「お客様の肌色になじんでいるので、血色よく見えますね」や、


「長時間座ってもシワになりにくいので、旅行の時などにもぴったりですね!」など、


お客様の状況に合わせてどのメリットを話すか考えながらオススメしてみましょう。


実際に使用しているところをイメージしてもらい、必要であることを印象づけると、メリットが伝わりやすいです。


なぜお客様に提案したのかをわかりやすく言語化するスキルが、ワンランク上の接客を目指すために必要です!


 


【フィッティング】


着用することでサイズなどの違和感がないかを確認します。


なぜサイズが合っているか、なぜ似合うのかなど、具体的な指摘をすると説得力が増します。


外見観察をして隠れたニーズを見逃さないようにしましょう。


 


【クロージング】


お客様が購入の決定をする場面で、販売員がお客様の背中を押すことを指します。


畳みかけてプレッシャーを与えないように注意が必要ですが、


お客様が誰かの一押しを必要としている場合は、その方に合ったお話の仕方で、背中を押しましょう。


 


【お見送り】


会計後は「是非ご一緒させて下さい」という気持ちを込めて、お見送りします。


お客様が去った後もしばらくその場で見送り、振り返ったとき会釈できるようにしましょう。


最後まで気持ちよくお買い物が出来たお客様は、また必ずお店に足を運んでくれるはずです!


 


 


このような接客は、決して1日で出来るようになるものではありません。


接客の経験をたくさん積み、先輩方の接客のいいところを吸収し、それを自分らしく表現できるようになれば、


自分のファンとなってくれるお客様がたくさん来店してくれ、大きなやりがいに繋がっていくでしょう。


ぜひあなたも、やりがいのあるお仕事してみませんか?!


まずは、カンタン登録からのご応募お待ちしております(^-^)!

2020.07.30

【派遣社員で働くメリット・デメリットとは?】初めての方に解説!

派遣社員ってよく聞くけれど、正社員やアルバイトと何が違うのか分からないという方も多いと思います。


ここでは、派遣社員で働くメリット・デメリットについて、解説いたします!


 


【メリット】


 


■憧れのブランドに挑戦できる


例えばラグジュアリーブランドなどは正社員入社のハードルが高く、入社は狭き門です。


その点、派遣社員であれば未経験でも採用されるチャンスがあります。


普段経験できない業務や、スキルアップも叶うでしょう。


働きぶりを評価されて、そのまま派遣先の直接雇用へ切り替えたスタッフもいますので、


働いてみたい憧れのブランドがある方は、まず派遣社員からチャレンジするのも1つの道です。


 


■勤務地や条件などで仕事を選べる


例えば、「毎週〇曜日は習い事なので固定休が欲しい」「家から何分以内で通えるところが良い」など、


ご自身の希望条件やライフスタイルに合わせて仕事を選んで頂けます。


直接雇用の正社員と違って、転勤や契約外のお仕事は発生しない為、プライベートを大事にしたい方に向いています。


扶養内勤務や、短期間での勤務を希望されている方も、様々なお仕事があるので是非ご相談下さい。


 


■派遣会社からのサポートがある


派遣でお仕事が決定し、就業開始したけれど、どうしても職場や仕事内容が合わない…など、悩みはつきものです。


派遣先の店長や他のスタッフに直接相談しにくい事もあるかもしれません。


その場合は、いつでもパルドの担当者にご連絡下さい。あいだに入って派遣先に相談したり、場合によっては新しい就業先をお探し致します。


キャリアアップの相談や、些細な事でも構いません。あなたにぴったりの職場をご提案致します。


 


■給与が高い


アパレル販売スタッフの時給は、アルバイトやパートの場合、1000円前後がほとんどです。


派遣社員の場合、1200円~1500円が相場となっており、フルタイムで働いた場合、正社員や契約社員と同じくらいの月収を得られます。


 


■残業が1分単位で発生


基本的に派遣社員の方は残業が無く、シフト通りの時間で勤務頂く事がほとんどです。


ただ、販売職というお仕事の特性上、接客をしている途中にお話を切り上げて退勤するのは難しい場合もある為、お客様対応による残業はまれに起こります。


その場合、残業時間は1分単位で発生します。


正社員の場合、サービス残業や、お給料にみなし残業代が含まれていたりする事もありますが、派遣社員の場合は1分単位で残業代が支給されます。


 


【デメリット】


 


■契約期間の定めがある


一般派遣の場合、1ヵ月・3ヵ月など、契約期間が決まっている為、一定期間で契約終了の可能性が有ります。


ただし、派遣スタッフと、派遣先の双方合意があれば、契約更新が繰り返され、最長3年までの長期就業が可能です。


長期就業を希望していても、例えば派遣先の自社雇用で正社員の方が決定された場合は、期間満了で終了となる場合もあるでしょう。


 


■正社員との業務内容の違い


接客販売を中心に、品出しや商品管理など、基本的には正社員の方と分け隔てなくお仕事をして頂きますが、


ブランドによってはレジ操作は正社員のみ、等規定がある店舗もございます。


決定権が無く、責任を負う仕事は任されにくいので、ゆくゆくは店長やその上も目指したい!など、


キャリアアップを望む方は直接雇用への切替なども視野に入れた方が良いでしょう。


 


いかがでしたでしょうか?


まずはあなたの希望にあった求人を調べてみましょう。


相談のみも受け付けておりますので、まずはかんたん登録からご連絡ください♪

2020.07.22

【お役立ち情報】初めて販売する方必見!接客時に心得たい言葉使いとNGワード

今まで日常生活でしっかり敬語は使ってきたつもりだけど、接客販売を行う際に今まで使ってきた言葉が間違っていたかも・・・という経験ありませんか?


今回は接客販売を行う際につい間違えやすいNGワードと丁寧語をご紹介させていただきたいと思います。


これから接客販売のお仕事をしてみたいという方、これから販売の面接の予定があるという方は是非一度おさらいしてみてはいかがでしょうか。


 


◆まずは基本の接客7大用語を覚えましょう◆


接客販売のお仕事をする上で基礎となる用語です。


①「いらっしゃいませ」


②「少々お待ちくださいませ」


③「お待たせいたしました」


④「かしこまりました」


⑤「ありがとうございます」


⑥「恐れ入ります」


⑦「申し訳ございません」


上記のワードは就業前に必ずスムーズに使えるよう覚えておきましょう。


 


◆よくある間違ったワード◆


それでは、実際に使ってしまいがちなNGワードをご紹介させていただきます。


 


よくあるNGワード①『了解しました』『わかりました』


→上記の通り、了解の意味を込めた言葉は接客時においては『かしこまりました』『承知致しました』とお話するようにしましょう。


よくあるNGワード②『すみません』→『申し訳ございません』


→「すみません」は丁寧語ではなく口語なので、お客さまに使うには適していない言葉です。


よくあるNGワード③『ちょっとお待ち下さいね』→『少々お待ち下さいませ』


→接客中においてはその場を離れる必要がある事が多々発生します。その場合はどんなに短時間であっても必ず一言添えるようにしましょう。「ちょっとお待ち下さい」ですとカジュアルになりすぎるのでしっかり丁寧語でお伝えしましょう。


 


◆その他接客時に使いたい丁寧語一例◆


上記の他にも、接客時によく使ってしまいがちな間違ったNGワードをご紹介します。


 


「そうです」→「さようでございます」「おっしゃる通りです」


「どうでしょうか」→「いかがでしょうか」


「明日(あした)」→「あす、みょうにち」


「昨日(きのう)」→「さくじつ」


「今日(きょう)」→「ほんじつ」


「少し」→「少々」


「今」→「ただ今」


「あとで」→「のちほど」


「さっき」→「さきほど」


 


いかがでしたでしょうか。きちんとした言葉使いは接客時の他にも日常生活にも役立ちます。


正しい敬語を覚え、お客さまに気持ち良く過ごしてもらえるよう心がけましょう。


これから面接に行く方、お仕事をしていて言葉使いを指摘されてしまったという方は是非この機会におさらいしてみてください!!

bnr