NEWS新着情報

2020.11.19

【接客だけじゃない?】アパレル販売員のお仕事内容

販売員のお仕事といえば、【接客・販売】がメインの業務です。
でも、それ以外にも【付帯業務】という外からは見えない業務内容がたくさんあるんです!
店舗やブランドによって様々ですが、詳しくご紹介します♪


【商品整理】
店内の商品を綺麗に整えること。
ハンガーにかかっている商品の間隔を整えたり、棚にある商品を畳んで陳列し直したり、常に美しく整えておきましょう。

【清掃】
開店前や閉店後に、毎日欠かさず行います。
お客様が気持ちよくお買い物できるように、床や棚、フィッティングルームなど店内全体を綺麗に清掃します。
特に鏡やガラス製の棚は手あかなどが目立ちやすいので、こまめにチェックしましょう。

【レイアウト・ディスプレイ】
商品が魅力的に見えるように、マネキンやトルソーを使ってコーディネートをします。
季節の変わり目や、新商品の入荷時には頻繁に行うことが多いです。
大手の会社では、ディスプレイ専門スタッフがいたり、本社から送られて来る指示書に従ってディスプレイを行うことが多いですが、
店舗によっては売り場のスタッフ同士で一からコーディネートを考えて行うこともあります。
コーディネートによってお店の雰囲気や売り上げも変わってくるので、大事な作業です。

【品出し】
商品が売れたら、バックヤードやストックと呼ばれる店舗内倉庫から新しい商品を店頭に出します。
特に、セール時期や繫忙期はたくさん商品が売れるので、色やサイズが欠けることが多くなります。
売り逃し防止の為にも、定期的に店内をチェックして、商品の出し忘れがないか確認をすることが大切です。

【お会計】
お買い上げが決定したら、レジでお会計を行います。
商品の間違えがないように、金額・色やサイズを口頭で確認しながら、金銭授受は慎重に行いましょう。
最近では、現金・カードに加えてキャッシュレス決済の導入が増えています。
また、百貨店やファッションビルでは、独自のポイントカードや、優待を行っている事も多いので、
慣れるまでは覚える事が多く大変ですが、間違えないように行いましょう。

【お包み】
購入品を綺麗に畳んで、ショッパーと呼ばれる紙袋に入れてお渡しします。
雨の日は上からビニールの雨カバーをかけることも。
最近では、過剰包装は廃止しているショップが多いですが、プレゼント商品はラッピングを行う事もあります。
リボン掛けや、包装紙を使ってのラッピングは空いている時間を使って日ごろから練習しておきましょう。

【PC作業】
本部と連動したシステムを使用して在庫管理を行ったり、日報メールを送ったりします。
エクセルやメール、店舗独自のシステムを使用する事が多いですが、パソコンで文字入力ができれば対応できるでしょう。

【納品処理】
本部や、他店舗から商品が入荷したら、なるべく早く納品処理を行います。
商品はパッキン(段ボール)やハンガーラックで届くので、配送業者さんから商品を受け取ります。
商品を出して、納品伝票と照らし合わせながら、数量と内容が合っているかチェックします。
シワや汚れが無いか検品をしてから、店頭へ品出し、在庫分はストックへ片付けましょう。

【返品処理】
汚れや傷がついてしまった商品や、シーズンを過ぎて売れ残った商品は本部へ返品します。
伝票を作成し、配送業者へ連絡して出荷します。
商品は綺麗に畳んで、返品内容をきちんと確認してから送るようにしましょう。

【客注対応】
お客様が希望の商品が店頭にない場合、本部や他店舗から取り寄せることを「客注」といいます。
取り寄せには数日かかる為、商品の控えをお客様にお渡しします。

【棚卸し】
「棚卸し」とは、データ上の在庫と、実際に店舗にある商品の数を照らし合わせて、誤差がないか確認することをいいます。
半年に1回、中には毎月行うなど、店舗の規模や扱う商品の単価によって、確認方法や実施回数は変わります。
アパレル業界はトレンドや季節によって売れる商品がガラッとかわるので、
過剰な仕入れを防いだり、売り上げを把握するためにも、正確な在庫を把握する事が重要です。


いかがでしたでしょうか?
見えない業務もきちんと行うことで、お客様の満足度や売り上げに繋がっていきます。
とはいえ、入店してすぐに全ての業務を任されるわけでは無いので、まずは清掃商品整理などできる事から始めて、
少しずつできる業務を増やしていきましょう♪

2020.11.13

冬本番!旬のアウターの種類をご紹介!

だんだん肌寒くなるこの季節・・・もうそろそろコートが欲しいという方も多いと思います!
皆さんはコートの種類は何種類くらいご存じでしょうか。


◆定番のコートの種類
・トレンチコート
・チェスターコート
・ノーカラーコート
・ステンカラーコート
・ダッフルコート
・ピーコート
・ダウンコート
・スタンドカラーコート
・ムートンコート
・ボアコート
・モッズコート

などなど、コートにはたくさんの種類がありますよね!
冬の必須アイテムですがコートは価格帯も高いため、1着買うのにかなり迷うことが多いと思います・・・!
そこで、今回は簡単に旬のコートとそれぞれの特徴をご紹介させて頂きます♪

◆通勤服の定番♪トレンチコート!
春や秋になると街中でも見ることが多いトレンチコート。初冬はニットなど厚手のトップスを着るため、アウターは薄めがいいという方にぴったり。最近では異素材をミックスしたデザインや丈など様々なデザインも増えてきました。全体的にキレイめスタイルに決めたい方にぴったりです。

◆チェスターコート
テーラードジャケットの丈を伸ばした形が特徴のチェスターコート。
かっちりした形なので通勤服やキレイめコーデにあわせてもあいますし、スニーカーやデニムなどカジュアルにもあわせられるので着回し力が高く近年人気のコートです。

◆ノーカラーコート
衿のないデザインが特徴のノーカーラーコート。
冬はタートルネックのニットや巻物で首元のおしゃれを楽しみたい方が多いですよね。そんな方にピッタリのコートです。カーディガンのように羽織っても可愛いのでコーディネートの幅が広くおしゃれを楽しめます♪

◆ダウンコート
とにかく暖かいコートが欲しい!という方は真っ先に浮かぶのがダウンコートではないでしょうか。
ナイロン素材生地をキルティング加工して中にダウンフェザーを詰め保温性に優れていて、とても軽いことが特徴で長年人気のアイテムです。ロング丈のイメージが強いですが、最近ではショート丈も人気ですね♪

◆ボアコート
もこもこ素材が特徴の見た目が可愛らしいコート。
カラーバリエーションも豊富で選ぶカラーによって雰囲気がぐっと変わります。
ゴージャスな印象を与えるコーディネートとしても使えます。今年はビッグサイズを選んでカジュアルにまとめるコーディネートも流行ってます♪

いかがでしたでしょうか。
プチプラショップで複数の形を揃えたり、憧れのブランドで長く使える一着を選んだり、今年はどんなアウターを買おうかと考えるのも楽しいですよね♪
今年はコロナ禍でなかなかオシャレを楽しむ機会も少なかったと思いますが、通勤にもプライベートにも着れる1着を見つけて是非気分を上げてみてください☆

2020.11.06

繁忙期を乗りきる!疲労回復の安眠方法をご紹介

12月から1月にかけて、クリスマスや冬のセールなどで繁忙期に入ります。

普段と比べ、来店するお客様も増え、当然接客に入る機会も増えるでしょう。
残業が発生することもあり、販売員にとっては疲労が溜まりやすい時期と言えます。

そこで今回は、疲労回復に重要な安眠方法をご紹介します。
しっかりと良質な睡眠をとって、繁忙期を乗り切りましょう!



アパレル販売員は身体が資本です。
基本的に立ち仕事なので体力も必要ですよね。

良質な睡眠が取れていないと、翌日なんとなく疲れが残ってしまい
充分に力が発揮できず、良い仕事が出来ないかもしれません。
特に脳は眠ることでしか休ませることが出来ないので、脳の疲労を軽減するためにも良い睡眠を心がけましょう。

人間に最適な睡眠時間は7~8時間だと言われています。
しかし沢山寝ても質の悪い睡眠では疲れは取れにくく
逆に短時間であっても、質の良い睡眠であればしっかり疲れを取ることも可能です。

では質の良い睡眠とはどういったものなのか、安眠するための具体的な方法をご紹介します。

■寝る3時間前には食事を済ませる
胃の中に食べ物があると、消化するために体が活発に活動してしまいます。
帰宅時間が遅い日など、早く食べるにも限界があるので、食事は可能な範囲で早めに済ませてしまいましょう。

■寝る前にスマホやテレビを見ない
スマホやテレビなどが発するブルーライトを浴びると、脳が昼だと勘違いしてしまい
ぐっすり眠るために必要な「メラトニン」の分泌を抑えてしまいます。
その結果、寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下してしまい、睡眠不足になると言われています。
寝る前にスマホを見てしまう気持ちは良く分かります、ですが安眠の為にぐっと我慢してみましょう。

■寝る1時間前には入浴を済ませる
人間の体は、一度温まってから体温が下がるときに眠たくなるようにできています。
逆算して寝る1時間前に入浴するようにすれば、眠りにつきやすくなるでしょう。

■寝る30分前から部屋の灯りを落とす
良質な睡眠をとるために必要な「メラトニン」は、暗いところで分泌されます。
寝る前は間接照明だけにするなど、灯りを絞り、体に眠る準備をさせましょう。

また人間は真っ暗だと本能的に不安を覚えたり、感覚が遮断され脳が過敏になるとも言われているので
間接照明などの薄明りがある環境の方が望ましいと言えます。



今回はしっかりと疲れを取るための睡眠についてご説明しました。
ご紹介した安眠方法を実践していただき、夜にしっかりと良質な睡眠が出来れば
翌日スッキリと起きて一日元気に活動できるでしょう!

またプロの販売員として、お客様に疲れた顔を見せないためにも
自身の健康のためにも、これを機に良い睡眠習慣を心がけてみてはいかがでしょうか。
bnr